建物の構造別に違う保険料

火災保険の場合は、建物の構造によっても掛け金の設定が違ってきます。

 

家屋の構造部分が火に強ければ、それだけ、火事による災害を避けることができるからです。

 

コンクリート、鉄骨、木などの材料を基準して家屋の構造級別制度が設けられています。

 

特に耐火建築物だったり、準耐火建築物、省令準耐火建物などは、耐火性が優れているので、構造級別として扱われることになります。

 

さらに、建物の柱が基準になる場合は、戸建住宅と集合住宅にも違いがあります。

 

マンションやアパートの構造がコンクリート造りの場合、鉄筋、鉄骨、コンクリートブロック、れんが、石などを柱の構造に使っていれば、M構造と認可されます。ですから当然、災害保険の掛け金も安くなります。

 

たとえば、コンクリート造り以外でも、耐火建築物として認可されたら、M構造扱いになるので、もちろん損害補償に関する掛け金が手頃になります。

 

それとは反対に、アパートやマンションが耐火建築物以外で、一戸建て家屋も柱が耐火構造になっていない場合は、H構造扱いになるので、当然、災害保険の掛け金も高く設定されます。

 

中には、コンクリートや鉄骨、耐火建築物や準耐火建築物、省令準耐火建物があり、T構造の扱いを受けるので、掛け金の設定は、M構造より高く、H構造より低く設定されています。

 

このように構造級別の設定は、耐火性能を確認する書類や建物の施行に関わった業者の証明書を提出することになります。