水漏れを対象にした補償内容

自然災害と同様で、水漏れに関する補償内容に関しても確認しておく必要があります。補償対象や補償範囲を限定していることが多いので、注意しましょう。

 

特にマンションやアパートなど集合住宅に住む人は、水漏れ被害を受けたり、水漏れを起こす不安があるのではないでしょうか。

 

水漏れに関しては、住宅総合保険や火災保険の災害補償で賄うことができます。

 

一般的に水漏れの範囲は、家屋や建物の給排水設備が破損した場合や各部屋の漏水・放水・溢水が階下に損害を与えた場合に限ります。

 

水漏れに関しては、さまざまな補償条件が決めれているので加入する場合は、内容を確認しておきましょう。

 

補償範囲になるのは、水道管の凍結が原因で破損や破裂があった場合や、排水管の詰まりが原因で階下に水漏れがあった場合などが挙げられます。

 

その他、洗濯槽に設置される排水ホースに関しては、給排水設備とは認められていません。万が一、水漏れがあっても補償対象外と判断されます。

 

さらに、マンションやアパートで上階から水漏れの被害を受けた場合は、建物や家財が補償の範囲になるので、火災保険に加入していれば、水漏れ被害の損害補償対象になります。

 

水漏れの被害を受けた場合は、損害賠償請求をすることもできますが、相手が個人賠償責任保険に加入していることが条件になります。

 

未加入の場合は、対象外になるので損害賠償請求をすることはできません。

 

マンションやアパートは、専有部分以外の共有部分があります。共有部分の水漏れ事故など災害が発生した場合は、個人ではなく管理組合の責任で損害賠償をします。