地震や災害が起きた場合の補償になるポイントは?


日本は、さまざまな自然災害が多いのですが、地震に対しては、それぞれ個人で賄うことを基本にして来ました。

 

火災保険は、損害補償が可能ですが、地震や噴火、津波に関しては、補償の対象外になっています。

 

ですから、地震や噴火、津波の被害を被った場合、火災保険に地震火災費用が付加されているかどうかで、大きな違いがあるわけです。地震や噴火、津波に関しては、別途、地震保険に加入しなければ、補償を受けることができないことになります。

 

日本のどこに住んでいても、大きな災害を被る危険性があるのですから、リスクの度合いに関係なく補償しておいた方がいいでしょう。

 

新築ローンを組んでいる場合や家屋のリフォームを済ませて、預貯金を使ってしまった場合は、将来への不安が大きいのではないでしょうか。

 

災害を被ると、住宅の再建が困難になるだけでなく、ローンの支払いだけが残ることになります。

 

最悪の事態を避けるためにも、地震の損害補償を付けておいた方がいいでしょう。

 

万が一、住まいの住宅を失ってしまったら、家計を圧迫するだけでなく、二重ローンに陥ってしまう可能性もあります。

 

このような悲惨な事態を招かないように、十分な補償をしておいた方が安心です。

地震保険を付けておけば、生活再建資金を受け取ることができます。

 

ただ、地震災害時の補償額は一般の補償額に比べて、少額に設定されているので、不満を漏らす被保険者も多いようです。

 

ですが、何の補償もない状態に比べた場合、生活の支援になるのは明らかではないでしょうか。