地震災害の補償内容


災害に対しては、色々な補償がありますが、地震や噴火、津波の被害に対応するのが、地震保険です。建物や家財が被害を受けた場合に損害補償があります。

 

国と民間の会社が共同で、地震保険法に沿って施行していますが、その掛け金は、建築物や家屋の耐震構造を基本にして決められています。ですから、掛け金と補償の内容を十分に検討する必要があります。

 

地震の場合は、その他と比べると、実際に災害を被った時の補償額が50パーセント足らずしかありません。ですが、補償に要する掛け金は、倍近くもあります。

 

特に、災害の地域が広がった場合の補償額は、さらに減少する傾向にあります。地震による被害を被った場合の補償は、火災保険の特約で賄われていることもあるようです。

 

加入の条件は、住まいの家屋と家財だけに限定され、個人が対象になります。

 

さらに火災の損害補償と同時に地震による災害補償を付ける仕組みになっています。ですから、地震による損害補償だけを単独で選ぶことはできません。

 

火災による損害補償と地震による損害補償を同時に設定して、加入することになりますが、地震による損害補償を加えたい場合は、後から契約に加えることができます。

 

その他、地震費用保険がありますが、こちらは、火災の損害補償とは別に加入できるようになっています。

 

地域ごとにリスクが違うので、防災マップを参考にして加入を検討してみてはいかがでしょうか。もちろん、損害補償に対応する掛け金も違うので確認しておきましょう。