水害を対象にした保障内容


災害補償の中で、水害に対する補償はどのような内容になっているのでしょうか。

 

火災保険の加入を検討している人は、確認しておく必要があります。

 

たとえば、水害補償は、洪水、高潮、土砂崩による災害被害が対象になります。

 

一般的な洪水は、台風、豪雨、暴風雨によるもので、豪雪地帯では、雪解け後の洪水も対象になっています。最近多いゲリラ豪雨のような洪水も災害補償に当てはまります。

 

台風の接近で起る風雨による高潮被害も、火災保険の水害補償を受けることができます。

 

さらに、土砂崩れや地滑り、土石流などは補償の範囲内ですが、地盤沈下に関しては、災害補償範囲には入りません。

 

住宅火災保険や住宅総合保険に水害補償を付けるかどうかは、会社が独自の判断で決めることができます。ですから、加入を検討する時は、自宅のある地域のリスクを考慮して水害の補償を付けるようにしましょう。

 

加入時から補償がついている場合もあるので、内容をしっかり確認することが大切です。

 

地域性から考えて、水害の被害を受けにくい土地なら、水害の補償を外すこともできます。この場合は、掛け金を抑えることができます。

 

水害補償の受け取り方は、完全実損型のように掛け金を高く見積もって、補償を十分にする方法や、一部を補償する方法などがあります。

 

水害被害は、何時どこで起るかわからないので、防災マップを参考にして、危険性の高い地域に住んでいる人は、加入しておいた方が安心ではないでしょうか。