CATEGORY

火災保険について

最近、火災保険以上に注目されている地震保険について

火災保険に付加して加入する地震保険は、どのような補償内容になっているのでしょうか。 これまで、地震災害について考えたことがなかった人は、補償内容を確認しておいた方が安心です。 まず、災害補償の対象は、個人の家屋や家財だけになります。 火災などの被害に比べると補償額が低く設定されていて、50パーセント程度しか受取ることができません。 ですから、地震や噴火、津波で被害を被った場合は、火災被害に比べると […]

地震や災害が起きた場合の補償になるポイントは?

日本は、さまざまな自然災害が多いのですが、地震に対しては、それぞれ個人で賄うことを基本にして来ました。 火災保険は、損害補償が可能ですが、地震や噴火、津波に関しては、補償の対象外になっています。 ですから、地震や噴火、津波の被害を被った場合、火災保険に地震火災費用が付加されているかどうかで、大きな違いがあるわけです。地震や噴火、津波に関しては、別途、地震保険に加入しなければ、補償を受けることができ […]

地震災害が起きた場合の火災保険の補償内容

災害に対しては、色々な補償がありますが、地震や噴火、津波の被害に対応するのが、地震保険です。建物や家財が被害を受けた場合に損害補償があります。 国と民間の会社が共同で、地震保険法に沿って施行していますが、その掛け金は、建築物や家屋の耐震構造を基本にして決められています。ですから、掛け金と補償の内容を十分に検討する必要があります。 地震の場合は、その他と比べると、実際に災害を被った時の補償額が50パ […]

建物の構造別に違う火災保険料

火災保険の場合は、建物の構造によっても掛け金の設定が違ってきます。 家屋の構造部分が火に強ければ、それだけ、火事による災害を避けることができるからです。 コンクリート、鉄骨、木などの材料を基準して家屋の構造級別制度が設けられています。 特に耐火建築物だったり、準耐火建築物、省令準耐火建物などは、耐火性が優れているので、構造級別として扱われることになります。 さらに、建物の柱が基準になる場合は、戸建 […]

火災保険の保険料について

災害を対象にした保険商品は、どのような基準で掛け金を決めているのでしょうか。 加入を検討している人は、それぞれの補償内容と掛け金について確認しておいた方がいいでしょう。 もちろん災害補償が十分な場合は、掛け金も相応に高くなり、特約を増やせばそれだけ掛け金の負担が増えます。 特約の種類にもよりますが、必要な補償を選ぶことが大切ではないでしょうか。 火災保険の場合は、長期間で契約をすれば、それだけ掛け […]

水害を対象にした火災保険の保障内容は?

災害補償の中で、水害に対する補償はどのような内容になっているのでしょうか。 火災保険の加入を検討している人は、確認しておく必要があります。 たとえば、水害補償は、洪水、高潮、土砂崩による災害被害が対象になります。 一般的な洪水は、台風、豪雨、暴風雨によるもので、豪雪地帯では、雪解け後の洪水も対象になっています。最近多いゲリラ豪雨のような洪水も災害補償に当てはまります。 台風の接近で起る風雨による高 […]

水漏れを対象にした火災保険の補償内容を教えてください

自然災害と同様で、水漏れに関する補償内容に関しても確認しておく必要があります。補償対象や補償範囲を限定していることが多いので、注意しましょう。   特にマンションやアパートなど集合住宅に住む人は、水漏れ被害を受けたり、水漏れを起こす不安があるのではないでしょうか。   水漏れに関しては、住宅総合保険や火災保険の災害補償で賄うことができます。   一般的に水漏れの範囲は […]

自然災害の場合、火災保険の補償内容は?

自然からの災害補償には、風災・ひょう災・雪災を対象にしたものがあります。 風災に関しては、台風、旋風、暴風、暴風雨などが挙げられますが、家屋や家財類に損害がある時に限ります。 さらに、ひょう災に関しては、限度が設けられていて、家屋の屋根やガラスが壊れた場合が、保険の補償範囲になります。 自然災害の場合、雪災にも条件があり、豪雪、雪崩での家屋倒壊や損害が対象になります。 台風による家屋の損害に関して […]

災害時における火災保険の補償の範囲

災害には色々な対象範囲がありますが、火災保険の場合は、主に落下・飛来・衝突・倒壊が補償の対象になります。 特に家屋への落下物がある場合は、飛来のとして扱われます。 たとえば、突風で何かが飛んで来て瓦が壊されたり、鳥などの飛来物が窓ガラスを割った場合も、補償の範囲にはいります。ですが、例外も設定されていて、砂塵・粉塵・ばい煙の場合は、被害の対象外とされています。 さらに、雪・ひょう・風などは、落下や […]

リスクで違う保険料の設定

地震災害に備えた地震保険は、住まいの地域や家屋の構造などを考慮して補償額や保険料が決められています。 まず、補償額に対する掛け金は、年々変動しています。これは住宅地の災害リスクを設定する基準が変化するからです。 全国を1等地から4等地までに区別していて、4等地になると防災マップの中でも最高にリスクが高く設定されています。ですから、補償額に対する掛け金もリスクに比例して決められます。 リスクの低い1 […]